下仁田町自然史館日記

shimogeo.exblog.jp
ブログトップ

下仁田町の宝物~鶏冠石のことがすべてわかります

下仁田町の広報に群馬県の石に決定した鶏冠石の記事が載りました。
群馬県自然史博物館の菅原久誠さん、群馬大学名誉教授の吉川和男さんの二人には大変感謝しています。
下仁田町の宝物ということがよくわかります。
どうぞお読みください。
d0183598_11582699.jpg
自然史館 関口

[PR]
# by shimonitageo | 2017-09-05 09:06 | Comments(0)

ジオサイトマップ設置しました

ジオサイトへのルートを紹介するマップを下仁田自然学校の協力を得て作成しました。
配布場所は下仁田駅、道の駅しもにた、蒟蒻百珍館まるへいの3か所です。
d0183598_17060749.jpg
上信電鉄の終着駅。昔ながらの趣のある駅で関東の駅100選にも選ばれています。
d0183598_17060987.jpg
駅の待合室の鉄柱に設置してあります。
d0183598_17061012.jpg
道の駅しもにたの観光案内所。下仁田周辺の様々な観光情報を発信しています。
d0183598_17061214.jpg
パンフレット棚の横に吊るしてありますので、ご自由にお取り下さい。
d0183598_17061408.jpg
蒟蒻百珍館まるへい。下仁田名物のこんにゃくを販売したり、中でも軽食を出しています。
d0183598_17061525.jpg
下仁田町自然史館内にもジオサイトマップはありますので、道のほかにわからないことがあればぜひご来館ください。
ぜひマップを頼りにジオサイトを見学してみてください。

自然史館 関口

[PR]
# by shimonitageo | 2017-08-24 17:04 | ジオパーク推進 | Comments(0)

ガイド研修:川原の石から下仁田を知る

7月14、15日にジオパークガイド研修川原の石コースを実施しました

川原の石コースでは
下仁田町を流れる鏑川にある、青岩公園の川原で石の観察をします
鏑川は複雑な地質の地域を流れており、10種類以上の石を観察することができます
川原で石の観察をしながら、石の見分け方や、石からわかる下仁田町の歴史について学ぶコースです

1日目は座学で図鑑と標本を使いながら石の種類と特徴、見分け方の講義を受けました
d0183598_11455629.jpg

講師の方の説明を聞き

d0183598_13115475.jpg

分類表を使いながら石の種類を考えます

d0183598_11482837.jpg

様々な見分け方を試しながら楽しく分類をしていました
d0183598_13185946.jpg

2日目は現地研修
青岩公園へ行き、受講者が自分たちで石の分類を行います

集めた石を見比べながら分類をしていきます
d0183598_13362345.jpg
前日の講義を思い出しながらみんなであたまをひねります
d0183598_13421315.jpg
石を見る目がいつもと違います
d0183598_13442767.jpg

2日間の講座で川原の石の面白さがわかったのではないかと思います

ガイドとしてデビューしたら、この感動をぜひ多くの人に伝えてほしいですね

参加してくださったみなさま、ありがとうございました

(自然史館 片山)




[PR]
# by shimonitageo | 2017-07-20 14:12 | ジオパーク推進 | Comments(0)

宮室 マムシ看板設置

d0183598_14225157.jpg

本日は宮室に「マムシ」がでるということから、注意を促す看板を設置しました。
この夏にジオサイトに来られる方は、マムシやハチなどの虫に注意しながら楽しんでください。

                                 下仁田自然史館 関口



[PR]
# by shimonitageo | 2017-06-28 14:22 | Comments(0)

大地の財産 下仁田の石灰

下仁田ではかつて石灰岩が採掘されていました。
下仁田自然史館の近くには、石灰を扱う白石工業株式会社白艶華工場があります。(本社・大阪)
昭和7年(1932年)に出荷開始といいますから、長い歴史があります。
下仁田町の大切な産業として活躍してきた工場、その昔の石灰工場の写真を見せていただきました。

工場の昔のようす (提供 白石工業株式会社) 
手前にたくさん見える建物は、石灰の乾燥施設です。

d0183598_14024033.jpg

現在のようす
乾燥施設は写真右上にわずかに残っているのが見えます。写真右端の白い崖は石灰岩です。かつて採掘していました。
d0183598_14024140.jpg

現在敷地内に残っている乾燥施設を近くで見ました。
 
d0183598_14024241.jpg

石灰岩の利用といえばセメントの材料としてコンクリートに使う、畑にまく石灰などが思い浮かびますが、ここでは細かな粒子の石灰(炭酸カルシウム)を製造する高い技術を開発して、石灰を生産しました。石灰はゴム、プラスチック、塗料、紙、食品などに幅広く使われているということです。


昭和20年代にここで働いていたA・Hさんからも、昔の写真をいただきました。


立ち並ぶ乾燥施設、工場とその周辺の全景 (A・Hさん提供)

d0183598_14024126.jpg
d0183598_14104895.jpg

下仁田には工場に適した条件があることから、ここに工場が作られたそうです。
原料の石灰岩、製造工程の乾燥に適した乾いた気候、さらに水力発電に適した川の流れ、木材。
よくぞ下仁田を見つけてくれた、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下仁田とその周辺の昔の鉱山等の記録を集めています。
情報などありましたら、お知らせいただけましたら、幸いです。
下仁田自然学校 H.W.





[PR]
# by shimonitageo | 2017-06-23 10:21 | Comments(0)